不動産管理会社様

平成27年から相続税が改正されました。多くの地主様・大家さんは相続の問題を抱えています。しかし、問題の本質を知りません、知ろうともしません。私が言っている「問題」とは税金を収める話ではありません。問題を解決しなければ相続税は納税できません。その「問題」とは「分割」のことです。

相続税の申告をするには、どの財産を誰が相続するかを決めなければいけません。財産が全て現金(預貯金など)であれば、兄弟が平等に分けるという方法ができます。しかし、地主様・大家さんの場合は不動産があります。以前の様に土地が値上がりし、賃貸アパートが満室経営できる時代ではなくなりました。

地域によっては不動産を持つことのリスクが高くなっています。一部の不動産は「負の財産」です。「そんな土地いらないよ!」「あのアパート空室多いよね!」、「固定資産税払えないよ」と言う話になり、昔とは逆の「いらないと言う問題」が起きてきます。兄弟間で不動産を押し付け合う可能性があります。

私は28年前から賃貸マンションを経営しています。当時は建物が完成する3ヶ月前から入居の予約が入り、完成時から満室経営をしてきました。しかしここ数年は空室がなかなか埋まらなくなりました。理由はもちろん賃貸住宅・賃貸マンションが余っているからです。建築・不動産に関わった者でも賃貸マンションの経営は大変な時代になりました。

この様な情況において、不動産管理会社ができることがあります。
それは、地主様・大家さんに一番近い皆様が、

1.相続対策は「分割対策」の必要性を伝える。
2.賃貸住宅・賃貸マンションは管理を徹底する。
3.賃貸住宅・賃貸マンションは空室を埋める。
4.土地は境界確定をしておく。
5.相続時に売却できる不動産を用意する。
6.収益を生まない不動産は売却を考える。
7.納税資金の準備をする。

多くの管理会社様は地主様・大家さんに対して弱気です。これからは皆様が相続問題の本質を教えてあげる必要があります。
私は不動産会社様とタイアップできます。地主様・大家さんに相続における「分割対策」の必要性をお伝えします。それ以外にも上記のさまざまな相続対策の必要性を皆様に代わりにお話します。
結果的に皆様の売上につながることが、地主様・大家さんにとって「相続問題の解決」になります。
お気軽にお問い合わせ下さい。