第7回 【原則の5つ目は、入居者の満足度アップ(前半)】

シリーズ【空室に悩む大家さんが満室にして収入アップする5つの原則】


29年間自主管理で 『通算入居稼働率97.3%』 の空室対策5つの原則を公開しています。

トップページ

第7回【空室に悩む大家さんが満室経営して収入アップする5つの原則】

みなさんこんにちは

エス・アイ・プランの内山です。

【空室に悩む大家さんが満室経営して収入アップする5つの原則】

今回の動画は7回目です。

この動画ではお金をかけない賃貸アパート・マンションの空室対策についてお話しています。

「空室対策のワンポイント動画」を、毎回3分~5分程度にまとめてお話して行きます。

 

私が提唱する5つの原則の⑤つ目をお伝えします。

5つの原則の⑤つ目とは

原則の⑤:入居者の満足度アップ — 前半

 

「攻撃は最大の防御なり」と言うことわざがあります。が、

正にアパート経営でも言えます。

今居る入居者を退去させないという事です。

 

一般的に退去する理由として

一番多いのが、

会社員の転勤だと思います。

これは正直仕方ないと思います。

大手企業であれば当然ですし、中小企業さんや地元の金融機関でも結構あります。

それ以外では、家を建てるのが夢だったので、「家を建てました」とか、「マンションを買いました」などですね。

これからは、

親の介護で実家に帰ります。

あるいは

子供が「同居しよう」と言ってくれました

その様な退去者も出てくると思います。

ここで私がお話ししたいのは、それ以外の退去者を防ぐ方法です。

ご存知の様に、今は賃貸住宅に入居するのにハードルがぐんと低くなっています。

 

昔は契約時に敷金を預かるのが常識でした。

しかし今はゼロゼロ物件と言われるように、敷金0円、礼金0円が常識になりつつあります。

テレビであれだけ宣伝されたら

「え、敷金がいるのですか?」と言われる様に、今後はなると思います。

また、一部ではフリーレントと言われるようなサービスも見受けられます。

 

これは入居後1ヶ月から数か月分の家賃を無料にするサービスです。

言い方を買えれば、家賃数ヶ月分のお金をくれるという事ですよね。

そのお金で引越し代がまかなえる可能性もありえます。

つまり、

住み替えるのに、ほとんどお金が要らなくなったと言えます。

もし、あなたのアパートの入居者が、普段から「何となくここ嫌だな」と感じていたら、今後は簡単に引越しされてしまうという事です。

つまり、今入居されている方の心理を微妙に感じ取る必要があります。

 

他には、家賃以外の余分なお金がかかる時ですね。

先日も大手メーカーのアパートに住んでいる方が私のマンションに入居されました。

引越しされた理由は、2年目の更新料がかかるから嫌と言う事でした

たぶん、数万円だと思います。

 

あなたが車をお持ちなら、2年ごとの車検、結構頭が痛いのではないでしょうか?

車検を理由に車を買い換える人多いですよね。

賃貸住宅に住んでいる人も同じように考えるようになります。

 

私は今まで

更新料を一度も頂いたことありません。

自主管理ですので、書類を作ったり声を掛けるのも正直めんどうです。

私は入居されている方の名前と顔、生活状況がある程度把握出来ています。

生活に余裕のある人なんていません。

家賃をしっかり頂いているのですから、それで充分と私は思っています。

入居者の満足度アップですが、私はそれ以外でも色々と工夫しています。

次回そのお話をします。

原則の⑤つ目の

「入居者の満足度アップ」と

いうお話をしました。

 

よろしければ画面下にあります。「チャンネル登録」をお願いします。

では、今回はこれで終わります。

ありがとうございました。